ATEM Miniを接続する方法

DANNAです★

ほぼ毎日やっているYoutube ライブ配信を一眼レフカメラを使用できるようになりました。

今までは僕が使っているiphon8で配信してたんですが、先月の中旬位に発注していたBlackmagic DesigさんのキャプチャーデバイスATEM Miniがやっと到着しました。

機械音痴な僕は結構苦労しましたが、なんとか一眼レフカメラを使って綺麗な画質・音質で配信できるようになったので取り付け方法を忘れない内に残しておこうと思います。

ATEM Miniの接続

左から

  1. アダプター
  2. RAN接続端子
  3. USBタイプC
  4. 外部モニター用HDMI
  5. HDMI1〜4
  6. マイク1・2

接続用途

  1. アダプターはコンセントに直行!
  2. RAN接続端子とはなんぞや?
    ということで調べてみると
    外部から遠隔でATEM Miniを操作できるらしく、その為にRAMケーブル接続が必要になるそうな・・・個人で使う場合はあまり使わないのかな?ウチのチャンネルでは使っていません。
  3. USBタイプC
    Youtubeで使う場合はPCが必要になってくるのでUSBで繋げなくてはいけません。こちらはタイプCになっています。
  4. 外部モニター用HDMI
    確認用モニターを使用する場合はここにHDMIを取り付けます。
  5. HDMI1〜4
    こちらにビデオカメラや一眼レフカメラを接続します。
    最大4つです。
  6. マイク1・2
    マイクは2つまで使用できます。

これで完璧に取り付けもできたと思っていたのですが、思わぬ問題が・・・

最後に

これからYoutubeなどの動画配信サイトでLIVE配信をされる方はこのアイテムは必須になって来るんじゃないかなと思うくらいの優れものです。
僕はまだまだ使えこなせていませんが、もっと色んなことができるようなので、また紹介していきたいと思います。

次回はATEM Miniを使ってYoutubeで配信する方法を紹介します。

最後までお読みいただきありがとうございます★