【着付け】実践バリバリの着付け師のオリジナル振袖帯の作り方♡「AMARANTHE」解説ブログ<Belchannel-ベルチャンネル->

今回は初めてのアシンメトリーな振袖帯の作り方を紹介させていただきました。

いくつか思い付いたアイデアがあったので所々に取り入れてみました。
この帯のポイントは4つあります。とても重要だと思うので、お時間がおありの時に最後までご覧いただけたらと思います。

お正月や成人式・入社式など振袖を切る機会のある時に是非参考にしてみて下さい★

参考動画

POINT①

今回はアシンメトリーなので左右の帯の長さは極端に差を出しましょう。

POINT②

今回は垂れを三角にしてアクセントを付けてみました。
その際にお太鼓?の部分と垂れの斜めのラインを合わせるようにすると、崩していてもまとまった感じがでます。

POINT③

帯締めの飾りを後ろ(垂れの横)に持ってくる。
垂れを右後ろにする事で左後ろが寂しくなってくるので帯締めの飾りを左後ろに持ってきました。

POINT④

POINT③をする事で長くない帯締めを使用していると、かざり帯がどうしても貧素に見えてしまうので、そこをお手持ちの飾りを装飾してカバーします。

Chee&DANNA

投稿者: Chee&DANNA

このブログはChee(妻)とDANNA(夫)夫婦が運営しています。 ほぼDANNAが書いてますwww ブログのテーマは皆さんの生活・お仕事などのお役に立てる情報や、日々気づきシェアしたい情報などを発信していきます。 Chee:2020年にBelfascino-ベルファッシノ-を開業しました。 着付け教室・着付け・ヘアメイク・写真撮影などのお仕事をさせて頂いてます。 DANNA:一般の会社員です。嫁の開業を機に今まで趣味でやっていたカメラや動画編集を仕事としてやっていきます。中々難しいですが、日々勉強し頑張っていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です